漫画家になりたいけど絵が下手・・・そんな人が漫画家になる方法とは・・・

    

漫画家になりたいけど、”絵が下手”・・・という悩みを抱えてませんか?

やはり、キレイな絵、上手な絵の漫画の方が人気があるイメージがありますが、実際は、キレイな絵、上手な絵じゃない人気漫画家はいます・・・が、それでも最低限の画力は必要だから、絵が下手な人が漫画家になる方法はあるのでしょうか?

漫画家になりたい, 絵が下手

 

やはり、漫画を読み進めるうえでキレイな絵で描かれている漫画の方が読みやすいですよね。

だから、漫画はキレイな絵じゃないと売れない、人気が出ないって勘違いするのです。

 

そこで、絵が下手でも漫画家になれる方法をこのページでは紹介してます。

漫画家になりたいけど絵が下手と悩んでいる人は是非読んでください。

 

実は、絵が下手よりも危険なのが・・・

人気漫画の中にも”絵だけを見ると”正直「う~~~ん、下手じゃね?」って漫画ありますよね。

個人的な感覚も影響しますが、イニシャルD、初期の湘南純愛組はあまりにも独特過ぎる絵ですよね・・・

 

でも、人気漫画だから未だに連載してたり、スピンオフ作品がアニメ化、ドラマ化してますよね。

しかし、漫画を見るとお世辞にも絵がキレイとは言えないですよね・・・

 

つまり、漫画家になるには画力よりも大事なモノがあるワケです!

それに気が付いて必要なスキルを身に付けないと、いつまでも漫画家としてデビューすることはできないワケです。

 

しかし、独学でそれが身に付くなら既に漫画家デビューしてますよね。

それを具体的に補う方法を具体的に解決する方法を提案しているサイトを見つけたので紹介します。

 

絵が下手でも漫画家になるには・・・

そもそも、絵が下手でも漫画家デビューしている人の共通点は、”発想力と構成力”が優れてるからです。

極端な話ですが、この2つの能力が優れていれば最低限のレベルの絵が描ければ漫画家としてデビューできるはずです。

 

しかし、これは独学で身に付くほど簡単なモノではありません。

その為、現役の漫画家のアシスタントになり覚えていくという方法を選ぶ人が多いのです。

・・・が、全ての漫画家が丁寧に教えてくれるワケではないし、そもそも絵が下手な人がアシスタントして採用される可能性は限りなく低いです。

 

そこで、絵が下手、絵に自信がない・・・だけど、漫画家になりたい!って人におすすめなのが専門学校で学ぶこと。

 

専門学校で学べな基本的な絵の描き方から構成に関してなど漫画の描き方の基礎から応用までをプロから直接指導してもらえます。

また、あなたが描いた漫画も集英社、講談社、小学館などの大手出版社の編集長クラスの人が直々に批評してくれます。

 

しかも個別指導だから”具体的なアドバイス”を受けれるし、編集者、出版社とコネクションを作れるというメリットがあるから漫画家になりたい人こそ専門学校で学ぶのが一番の近道と言えます。

 

そんな漫画家になるのに一番近道ができる専門学校を詳しく解説しているサイトを見つけたので紹介しておきます。

→ 漫画家になろう