荷物を受け取れる時間がない人

冷蔵タイプの宅配ボックスが必要

宅配ボックスの中に、生鮮食品を入れてもらうといいですね。
すると忙しくて荷物を受け取れなくても大丈夫です。
しかし宅配ボックスの中に生鮮食品を長時間入れておくと、傷んでしまいます。
せっかく購入した生鮮食品なのに、傷んだら食べられません。
生鮮食品を入れても、状態を維持できるよう冷蔵タイプ宅配ボックスを用意しましょう。

冷蔵庫と同じ状態になるので、生鮮食品が傷む心配はありません。
これから宅配ボックスを買おうと思っている人は、冷蔵する機能が備わっているのかきちんと確認してください。
またたくさんの生鮮食品を購入するのに、宅配ボックスのサイズが小さいと入れられません。
どのくらいの生鮮食品をいつも買うのか考えましょう。

カギがかかるのかチェック

宅配ボックスにカギがかかるのか、前もって確認しておいてください。
カギがかからないと、盗まれる危険性があります。
生鮮食品を入れるだけだから、大丈夫だろうと油断しないでください。
盗もうと考える人がいるので、自分で防犯対策をしなければいけません。
防犯カメラを設置するのもいい対策です。
もし生鮮食品が盗まれてしまった場合でも、カメラに犯人の顔が映っていればすばやく逮捕できます。

冷蔵機能が備わっていて、得厳重なカギがかかるタイプの宅配ボックスは高額な価格がつけられていることが多いです。
ですがたくさんの生鮮食品を盗まれると、損失が大きくなります。
お金を出して、安心できる宅配ボックスを買った方がいいでしょう。


この記事をシェアする